B型肝炎の給付金請求期限

B型肝炎の給付金請求訴訟は、第一感染者か第二感染者であることを証明できれば、B型肝炎の給付金請求ができます。過去に行われたB型肝炎の集団予防接種で、注射針を使いまわすという今では考えられないことをしていたために、大勢の人が知らない間にB型肝炎に感染してしまったのです。その数は全部で約45万人にもなると言われています。

期限第一感染者か第二感染者であれば、給付金を受け取ることができます。金額については症状によって違いはありますが、残念なことにB型肝炎の給付金請求には期限が設けられているのです。当初は平成28年5月13日までとされていましたが、現在は平成34年1月12日までに延長されています。延長されているものの、期限がある以上期限内にB型肝炎の給付金請求しない場合は、対象者でも給付金が受け取れなくなってしまいます。

約45万人とも言われる感染者の中には、感染していることに気づかないまま生活している人もいますし、亡くなっている人もいます。気づかない限り請求もできませんが、亡くなっている人の場合は、遺族がB型肝炎の給付金請求訴訟を起こすことができます。

国が責任を認めているにも関わらず、B型肝炎の給付金請求には期限があります。これは法律が関係しているという理由もありますが、法律で決まっている以上、2回目の延長がない限り、B型肝炎の給付金請求は平成34年1月12日となっているので、それを過ぎると請求できなくなってしまいます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket