期限を過ぎたらどうなる?

B型肝炎の給付金請求には期限があります。これは法律で不法行為があってから20年を過ぎた場合、損害賠償請求をする権利が消滅するとされているからです。B型肝炎の給付金請求の期限は一度5年間の延長が認められているので、平成34年1月12日までとなっています

現在症状が出ておらずキャリアの場合は、集団予防接種を受けた日から、慢性肝炎を発症している場合は発症した日から適用となりますので、症状によってもB型肝炎の給付金請求期限は変わってきます。

給付金請求B型肝炎の給付金請求をしていても、実際に給付金が支払われるまでには時間がかかります。最短でも6ヶ月と言われていますが、実際には1年近くかかる人もいます。仮にB型肝炎の給付金請求をしていても、受理されるまでに時間がかかるので、その間い期限が来てしまうと受理されていない人は給付金が受け取れなくなってしまいます。

現在も約45万人と言われる全員が給付金を受け取っているわけではなく、実際にはわずか5%しか受け取っていません。これから残りの人がB型肝炎の給付金請求をしたとしても、全員が受理されるまでには相当の時間がかかりますので、請求するなら早い方がいいようです。期限を過ぎると給付金は貰えません

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket